A HREF++(あ・は~ふ)リリースしました



 
Internet Explorer / Firefox / Safari / Chrome 用の右クリック拡張、
 A HREF++(あ・は~ふ)
をリリースしました。

A HREF++ は結構昔から作っていて、実は最初のリリースは 2002年だったりします。
確か最初に作ったのは Windows98 の IE用でした。
その後 Windows2000 に対応し、WindowsXP に対応し、WindowsVista で UACを呪い、Windows7 で
ちょっと放置して、32bit 版と 64bit 版の挙動に悩まされ、やっと最新バージョンをリリースする事ができました。

firefox 版は少し前(と言っても 2006年ですが。。)からあったものの、Firefox3 あたりからちゃんと動かず、
修正できないままでした。

今回、せっかくなので、IEと Firefox版を最新にすると共に、少し欲張って Chrome版と Safari版も作ってみました。
Operaも次期バージョンから拡張機能に対応するのでついでに作ろうと思ったのですが、コンテキストメニューの
APIがまだ用意されていなかったので諦め。そこがクリアされれば Opera版も作ります(笑)

さて、10年近く前からコンセプトと作りがほぼ変わってないわけですが、お手軽な使い勝手と、
強力な URL判定機能は健在です。適当にざっくり選択して、右クリックから一気に開く。
超便利ですね。

前に、ALL HREF(おーる・は~ふ)という、ページのどこかで右クリックから実行すると、そのページのURLを
すべてハイパーリンクに変換するソフトを作りましたが、個人的に全然使わなかったので、今回は作り直していません。
複数URLがあったときは選択して一気に開く方が楽なんだもん。

さて、次は前のサイトで公開していた他のプログラムをどうするかちょっと悩み中。

・Google it !/Wikipediaで検索/百度検索/Goo辞書三点セット/Infoseek辞書五点セット
 → 最近のブラウザにはデフォルトで同等の検索機能が付いているので、作り直すモチベーションは低いです。
  ただ、それぞれ微妙に挙動が違うので、自分用に作るかもしれません。
  Safariは同じタブで開くからイラッとするし、Chromeは新しいタブで開いてそっちがアクティブになるし。。
  新しいタブで開いて、かつ開いたタブがアクティブにならない、というのが自分としては一番いいのですが。

・Refer To WebArchive/Refer To GoogleCache
 → 意外と良く使う。折角なのでこれは作り直すかも。

・IMG HREF
 → 結構お気に入りなので作り直したいけど、IE専用機能に頼りまくってるので、他ブラウザでリリースしようと
  思ったらちょっと大変かな。

・E HREF
 → ジョークソフトなのでこれはいいかー。自分用には作るかもしれないw
 
という事で、A HREF++ 便利なので是非使ってみて下さい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。