デザインフェスタ行って来た。


少し前から気になっていたものの、まだ行ったこと無かったデザインフェスタですが、
人に誘われた事もあって、11/6(土)に行ってきました。

ゆりかもめに乗ると休日にもかかわらず何故かスーツの若者がいっぱい。
曲がったネクタイ、やけに新しいスーツ、頼りない立ち居振る舞い。
ふむ。就職活動生ですね。

知人が
「リクスーは現代に残された最後の純潔だ」
と言っていましたが、その至言に深く頷きつつ、白と黒のコントラストを眺める。眼福。

駅前で「就活生の方ですよね?」片っ端から声をかけるスーツのお姉さん(慣れてない人はここで攫われて
行っちゃうんだろうなぁ)に恐怖を感じたり、スーツ姿で手を繋いでビックサイトへ向かう男女を見て
爆発しろと念じたりしながら、思わず合同説明会の列に並んでしまいそうになるのをぐっと堪えてデザフェスの列へ。

しかしまー、就職活動からは程遠いの内容のデザフェスが同時に同じ場所で開催ってのが個人的にはツボ。

11時過ぎには会場に着いていたので、あまり会場は混んでおらず、設営中のブースもありましたが
わりとゆっくり見て回れました。慣れないこともあって、端っこから適当に見て回っていた所、
なんかこんなの発見。

ちょwwwwこれ買い占めて隣の合同説明会で配りたいww

せっかくデザインフェスタに来ているのに、こういうネタで盛り上がるのもどうかと思いますが、
「チャーハンつくるよ!」のエコバックは買おうかどうかちょっと迷いました。

しかしまー、デザフェスってほんとに何でもありなんですね。
雑貨売ったり占いやったりライブペイントしたりコスプレしたりイラスト売ったり写真展示したり歌ったり
こんなのがいたり。

いや、なんだこれw

M3だと音楽系だけなのでどこまで行っても音楽なのですが、それに比べたらデザフェスはカオス。
何かこれ、何かに似てるなーと思ったらあれだ。学園祭。あんな雰囲気。
展示する作品よりも、ブース作りの方が重要な感じ。

それぞれの個性と意匠が遺憾無く発揮されていて、見てるだけで面白いです。
作品だけでなく、ブースまるごと全部作り上げる必要があるので、壁から何から持ち込んでるブースを見ると、
すごいなーとしか良いよう無い。

何か良く分からないけれど、恐ろしかったのがこれ。

これ全部「幸」という字です。朝から白い壁にひたすら「幸」を書き始めて、昼過ぎにはこんな状態。
もしかしてひとつだけ「辛」という字が混ざっていて、それを探すゲームかと思いました。
どうせなら全部「辛」にして、お客さんに線を一本ずつ足してもらって「幸」にして行けばいいのに。

4Fを回るのでわりと体力を使ってしまい、1Fはさすがに全部回りきれず。
パンフレットを見ると、出展って普通ブースで両日だと \36,750- なんですね。高っ。
これは思いつきで出展してもブース代の回収すら難しい気がする。。
ある程度エリアでジャンルはまとまっているものの、あれだけあるとなかなか目に留まるものは少ないし。

二次創作が許される即売会と違い、デザフェスはオリジナルである必要があるので、ストレートに
出展者の力が試される。これは色んな意味で厳しいなーと思いながらもその厳しさ含めて、
何らか自分を表現するには良い場所だなと思いましたです。

あれ、デザフェスでは二次創作が許されてない。
って事はこれは。。

・・・まあいいか。

リクルートの袋を持ってスーツ姿でデザフェスに来る人もいて、頑張るねぇと思った次第です。
就活は上手く行ってる?とか聞きたくなったりして。

ということで、自分が出展するなら M3だなという話でした。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。