バイク売却



 
CB400SF(NC39)を手放しました。
引越し先に置く場所が無さそうなのと、思ったよりも乗っていなかったので。
しかしまた引越しです。何か三年に一回は引越ししてる気がする。

最高額を望むなら個人売買が良いのですが、いかんせん手間がかかるのと、
トラブルの可能性もあるので普通に買い取り業者に頼む事にしました。
その顛末を書いておきます。

バイク下取りと言うとあらゆるところでバナーを見るバイク王が思い浮かびますが、
今回は複数社で見積もりを取って、同時査定を頼む事にしました。

コンディションはこんな感じ。

限定色の無限エディション。
ワンオーナー、整備簿あり、エンジン良好。
車検は平成24年6月まで残。
走行距離少なめ、転倒歴あり。
タンクに傷小。ヘッドライト傷。

TSRスリップオンカーボンサイレンサーに交換済み。
純正のサイレンサーも手元に有り。

まずはバイクブロスでオンライン一括査定。
フォームから情報を送信した数分後、ゲオバイクから電話がw
連絡早すぎだろ。すげーな。

ただ、普通のコールセンターの人なのか、受け答えが要領を得ず。。
とりあえず複数社見積もり取ってからにします的な事を伝え電話を切ると、
留守電にバイクボーイからの連絡。うはー。スピード勝負なのかねこれ。

翌日バイク王から電話。正直、バイク王ってどうなんだろなーと疑ってかかって
いたのですが、非常にまともでした。細かい点もちゃんと聞いてくるし、
一番驚いたのがバイク王側から複数社同時査定を提案して来た事。
もともとそのつもりでしたが、先方から言われるとどっきりしますね。
この時点でバイク王わりと好印象です。

バイクブロスのページ上は 8社のロゴがありますが、一括査定対応エリアがあるため
返事があったのは5社だけでした。三社くらいに見てもらおうと思っていたので、
あとはバイク査定ドットコムと、バイクエースに連絡。

ここらへんの選択はあまり理由はありませんが、各社買取上限金額を出して来た中で、
バイクエースは実際の査定金額平均を出して来ていました。
上限金額はあまりあてにならないので、実際に見てもらうしか無いですね。
三社とも時間を合わせ、出張査定をお願いしました。

査定当日。最後なので、約束時間の 30分前からバイクのお手入れ。
ボディを拭いたり、エンジンを暖気したり。こうして見ると結構綺麗なんだよなー。
まあ、全然乗って無いからなんだけど。

時間になり、それぞれの会社で査定開始。ドキドキ。
傷の位置やら走行距離やら車体の写真やら本社との連絡やら。
そして各社値段出ましたとの事。

複数社同時見積もりの際「競り」と「一発」があるそうで、
「競り」は所謂オークション、「一発」は各社一度だけ数字を出して一番高い所に決定。
「競り」は 1,000円単位で値段が上がる可能性があるが、時間がかかるのと、
他社が降りた場合そこまで値段が上がらない可能性があるとの事。
「一発」はそのままですね。各社が値段をを提示して決定。
ちょっと迷ったのですが、競りでお願いしました。

事情により一社だけ来るのが遅れてしまったのですが、三社揃った時点で競りの開始。
その場で値段が上がって行くのは見ていてドキドキしますね。
一社降り、二社降りた時点で価格が決定。
最終的にバイクエースさんにお願いする事になりました。

ただ、あとでこっそり聞いてみたところ、一発の方が値段が高かった様子w
ちょっと惜しいことをしたけれどこればっかりはどうなるかわからなかったのと
競りは見ていて面白かったからいいやー。

というわけで、三年間足として活躍した CB400SF はドナドナされて行きました。
手元に残ったお金で次期 MacBookAir を買いたいと思います。出るとしたら 6月かなー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。