Windows7バックアップと復元の落とし穴


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

正月からやらかしました。

去年、Windows7 を再セットアップして以来、システムディスクを冗長化していなかったので、
ダイナミックディスクにミラーの追加をしようとするも上手く行かない。
「プレックスに対する拡張は、ありませんでした。」
とかいう謎のメッセージががが。

やっぱベーシックディスクから変換したのがいけなかったんかいなと思って
いったん Cドライブを Windowsシステムバックアップ → 復元 を使って再構築しました。

悲劇はそこで発生。

復元時、システムイメージを選択して、再度書き戻そうとしたところ、ディスクをフォーマットするかい?
と聞かれたのです。やっぱ Cドライブはフォーマットしたほうがいいよねーと思ってあまり深く考えずにフォーマットを選択。

全部フォーマットされるよ。変更したくないディスクは除外してね。というメッセージはあったものの、
Cドライブのディスクイメージを書き戻すだけなんだからフォーマットするのは CドライブだけだろJK とか思ってたら、、、、

PCに繋がってるHDD全部フォーマットされた。
\(^o^)/

除外って、、、そういうことか、、、orz
念のため、データは二つのディスクに分散して保存してたんだよ、、、
でも両方フォーマットされちゃー意味ねーな、、、
冗長化とバックアップは別物って事を思い知らされたぜ、、

初めは「あれー、エクスプローラー開いてもディスク真っ白だ。HDD認識されて無いんかいな。」
とか思ってたのですが、キレイサッパリ消えてた。USB外付けは生きてた。むぐぐ。さすがに頭真っ白になりました。

処理時間から考えて、全部の HDDを物理フォーマットしたとは考えにくい。
クイックフォーマットならまだ望みはある!という事で、あわてて無料のデータ復元ソフトをいろいろ
Pandora Recovery
EASEUS Deleted File Recovery
PC INSPECTOR File Recovery
UNDELETE 360
試したものの、いまいち上手く行かず。。うーん。前に SDカードのデータ復旧をしたときは PC INSPECTOR File Recovery で
どうにかなったんだけど。Pandora Recovery は、ファイル名は不明ながら復旧は可能でした。ただこれだと埒があかない。。

仕方ない。買うか。というわけでデータ復旧ソフトとして名高いファイナルデータを購入。
速攻インストール。実行。迷わずクラスタスキャン。。。キター!!

ある程度のディレクトリ構造を保ったまま、ファイルがざくざく復旧!!
やっぱ売り物なだけあってすげーなこれ。ファイル名もちゃんと復元されてる。
帰って来ないファイルも沢山あったけど、SONARのプロジェクトファイルを復旧できたからよしとしよう。

クラスタスキャン中、何度か「メモリが不足しています」という謎のエラーで停止しましたが、
FAQに従って該当のクラスタを避ければどうにかなりました。4000くらいすっ飛ばす必要あったけど。
これ全部不良クラスタだったらやだなぁ。

ちなみに、クラスタスキャンにかかった時間ですが、1TBで多分 8時間くらい。
途中で止まったりしてるから正確な時間じゃないけど。
俺、この 1TBのサルベージが終わったら、2TBの復旧を始めるんだ、、、

というわけでファイナルデータオススメ。
フリーソフトで試行錯誤するよりこれ買っちゃう方が断然楽でした。

Windows7バックアップと復元の落とし穴」への2件のフィードバック

    1. murachika 投稿作成者

      おお、Recuvaですか。試してみます。ありがとうございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。