【続】Ryzen5 3600 が熱すぎる

お話の前提:
Ryzen5 3600 が熱すぎる

全国 1.2億人のAMDファンのみんな、聞いてくれ!この夏に向けたいい感じの設定を見つけたぞ!

前回の記事を書いてからも色々と試してみて、やっぱ Power Saving モードは今よりも処理速度が落ちるのでやだな、かといって 3.6GHz固定も微妙だしな、AMD Ryzen Balanced Power Plan も入れてみたけど 3.6GHz と 4.2GHz を行ったり来たりしててアチチだしな、みたいな感じで悶々としていたのですが、何となく Ryzen Balanced Power Plan の詳細を見てみたのですよ。

そうすると、プロセッサの電源管理で、最小のプロセッサの状態が 99% で、最大のプロセッサの状態が 100% になってる。あれ、99% と 100% だとほぼ固定になりそうなもんなのに、100% の時だけOCすんのかなもしかしてと思い Ryzen Balanced Power Plan では無く通常のバランス電源プランで、

最小のプロセッサの状態を5% に、最大のプロセッサの状態を99%にした所、最低 2.2GHz から最大 3.6GHz の間をいい感じで上下するようになりました!

おー。いいじゃんこれ。簡単。ツールでごにょごにょしたりUEFIでごにょごにょしたりせずにすむ。さらに上限を下げようと思ったら 99% の部分を下げて行けば、いい感じで MAXのクロック数が下がって行く。これだな。もう夏場はこれでいいや。冬になったらガンガンOCで回すわ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。