各種ReverbPlugin聞き比べ / Reverb (free) VST Plugin Compare


初めに

 ※ このページは元々旧サイトにあったものをそのまま持ってきています。
   さすがに情報が古かったりして突っ込みどころ満載ですが、全部消すのも忍び無いので残しておきます。
   (2011/02/13)





Prosoniq Rayverb



□解説
 インバース・レイトレーシングを利用したリバーブ
 2つの部屋を作って、それらをミックスする事が可能
 シェアウェアです。€ 154,62

□パラメータ
 画像の通り
 
□CPU使用率
 14~18%(Athlon2500+)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 初めはあまり気にしていなかったんですが、よく読んでみると
 面白い事が書いてありました。レイトレーシングですか。
 レイトレーシングというと、3DCGで使われる技術でして、
 視点に届く光線を逆に辿る(RayTrace)事によって画像を描写するものです。
 それを音にも応用したのがこのリバーブ。面白い事考えるなぁ。
 前置きはこれくらいにして、実際の音ですが、かなり良いですよコレ。
 繊細な残響は原音を邪魔せず、嫌みな感じがしない。
 それでいて、リバーブ成分が埋もれないところが凄い。
 うーん。ちょっと気に入ってしまった。

↑Topへ戻る



PSP PianoVerb




□解説
 ピアノ弦による特殊な反響を再現するVSTプラグイン
 ピアノがピアノみたいな音になる(笑)
 DirectX版が何故か動かなかったので、VST版の方で

□パラメータ
 Decay time 50%
 Transpose 0
 Tune 0 Detune 0
 Damping 0
 Mix 80%
 Output 0.0dB
 
□CPU使用率
 10~11%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 これは普通に使ったんじゃ面白くないかも。
 Transposeのつまみを回すと結構面白い音に。
 例えば、プリセットのLow&Dark
 ピアノ以外にかけた方がいいかもね。
 しかし、STOPを押すと勝手にBYPASSになるのは何故??

↑Topへ戻る



ANWIDASoft DX Reverb Light




□解説
 私のお気に入りプラグイン
 パラメータが少ないので凝ったことはできないけど
 逆に使いやすい

□パラメータ
 Mix 0.80
 Predly 10
 Decay 2021
 LP Cut 6000
 LEVEL 3.0dB
 
□CPU使用率
 9%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 すっきりとした印象のリバーブ。ちょっと薄いかな。
 軽くリバーブかけたいときはまずこれを使います。
 ってこれFxReverbよりCPU使用率高いのね。今気付いた。

↑Topへ戻る



FreeverbTooDX




□解説
 ずっと前から持ってるんだけどなかなか使わない
 真ん中のグラフィックが解りやすくて良い
 ってこれ、vstとDirectXでバージョン違うじゃん

□パラメータ
 Size 130
 Damping 0%
 Predelay 10ms
 color 40 0
 Wet -2dB
 Dry 0dB
 
□CPU使用率
 5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 透明感溢れるリバーブですね。悪く無い。
 むしろ良い。CPU使用率も低いし。
 これから使っていこうっと。
 vst版の方がバージョン上です。くそう。

↑Topへ戻る



NBM StudioVerb




□解説
 結構前に入手していたにもかかわらず使ってなかったのは
 プリセットが用意されていなかったからだ
 間違いない

□パラメータ
 Size 50%
 Early T 0%
 PreDelay 10ms
 Color 20%
 Shape 100%
 Damp 0%
 LowCut 0Hz
 HighCut 5000Hz
 Early V -4.0dB
 Reverb V 0.0dB
 Crossing 100%
 Wetness 100%
 
□CPU使用率
 11~12%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 おおお、いい音するじゃんこれ。
 プリセット幾つか用意して欲しかったよ。
 基本的にぐうたらな人間なので。私。

↑Topへ戻る



RoomMachine844




□解説
 その名の通りルームシミュレータなのかな
 私の所では出番は少ない

□パラメータ
 Pan L 3.5
 Pan R 3.5
 Distance 5
 Stereo 5
 Size 8
 Decay 3
 Damping 5
 Color 10
 Dry 10
 Wet 8
 
□CPU使用率
 8%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 なんか私使い方間違ってる気がします。
 やはりルームシミュレータとして使うのが正しいのでしょう。
 一応PracticeRoomのプリセットも。
 ルームシミュレータが必要になったことがないからなぁ。
 まだまだド素人です。

↑Topへ戻る



PalancarWare Empire




□解説
 何よりもまず名前が良い
 PalancarWareは他にも出てるので要チェックです

□パラメータ
 Dry Level -6.0 dB
 Depth 80%
 Brightness 50 %
 Model Grand Hall
 
□CPU使用率
 8~9%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 超すっきりリバーブ。透き通るような響き。
 設定できるパラメータが少ないのが玉に瑕。
 他のプリセットも結構良い感じです。
 EmpireSolariumとか。良いでしょ。

↑Topへ戻る



SIR – Super Impuls Reverb




□解説
 恐ろしいことにフリーのサンプリングリバーブ
 これを使わない手はないでしょう
 CPU負荷が高くレイテンシが凄いので
 今のところインサートでしか使えません
 04/11/08:訂正
 すみません。SONARにはプラグインレイテンシ補正機能がある為、
 実際はセンドでも使用可能でした。

□パラメータ
 設定できるけどImpulsに左右される
 
□CPU使用率
 20~27%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 LexiconPCM90
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 t.c.electronicM3000
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Wavesverb

□寸評
 フリーなのにAltiverbと同じ様な事ができちゃう。
 反則気味なリバーブ。万々歳です。良くやった。
 上はそれぞれのImpulsを使ったリバーブです。
 Wavesプラグインを持っていれば聞き比べもできるのですが。
 あんな高い物買えません。

↑Topへ戻る



SH-1 Reverb




□解説
 SH-1シリーズのうちのReverb
 制作者は日本人です
 なんか安心しますね

□パラメータ
 Time 2052ms
 Pre Delay 10ms
 Damp no
 EQ no
 Width 100%
 wet 0dB
 dry 0dB
 
□CPU使用率
 5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 わりと普通な感じのリバーブ。
 折角付いてるDAMPとEqを使わなかった私に
 責任があると思いますが。
 CPU負荷が低いのは確かに魅力。

↑Topへ戻る



SH-1 Reverb v1.30




□解説
 以前にテストしたバージョンが1.15で、今回が1.30です
 鳴らしてみたら音全然違ったんで慌てて追加
 現在、新リバーブを開発中だそうです

□パラメータ
 Concert Hall
 Time 2115ms
 PreDelay 10ms
 Damp 25%
 Damp 0%
 EQ 8599Hz -13dB
 EQ 737Hz 0dB
 Width 100%
 wet +1.55dB
 dry 0dB
 
□CPU使用率
 5%(推定値)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 全然別物やー。
 前と比べるとえらいすっきりした印象です。
 プリセットが用意されたので、使いやすくなりました。
 CPU使用率が上がってしまったのは残念。
 
 2004/03/25:訂正
  すいませんCPU使用率間違えてました。
  どうやらコンプやEqかけたままグラフ見てたみたいです。
  非常に申し訳ないです。そりゃ跳ね上がるわ。
  PC環境が変わったので推定値しか出せないですけど、
  CPU使用率はとても低いです。

↑Topへ戻る



BlueReverb




□解説
 BlueLineプラグインパックのうちの一つ
 色々付いてくるので結構遊べる

□パラメータ
 Gain 0.0dB
 Mix 80%
 Type Hall1
 Time 2026ms
 Diffusion 0.0
 Color 100.0%
 Damp 0.0
 
□CPU使用率
 6~7%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 一言で言うとちょっぴり安っぽい。独断と偏見です。
 でも、BlueLineのMultitapはとても使いやすくて、
 ArrowでもGymnopedieでも使ったお気に入りなのです。
 それに比べるとこのReverbは出番少ないな。

↑Topへ戻る



Ambience




□解説
 プリセットがこれでもかってくらい充実
 実はDemo版だったりして

□パラメータ
 Amoebe-Hall
 Gating
  Amount 0 Attack 10ms Release 10ms
 Decay
  time 2075ms diffusion 50%
 Shape
  size 70% Predilay 10ms width 90%
  Quality/cpu 100%
 EQ
  Bass  Freq 372Hz gain -11.7dB
  Treble  Freq 14060Hz gain 0.0dB
 Damping
  Bass  Freq 102Hz AMT 25%
  Treble  Freq 1782Hz AMT 73%
 DRY 0.0dB
 WET 1.5dB
 
□CPU使用率
 30~31%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 これまたすっきりした味わい。
 クオリティーは高いです。
 CPU使用率も凄いことになってますが。
 一応Quality/cpuのパラメータがあるので
 これを弄ればCPU負荷はかなり下がります。

↑Topへ戻る



ClassicReverb




□解説
 2chで心優しい人に教えて貰ったReverb
 それより何より、今までk-v-rを知らなかった自分に吃驚です

□パラメータ
 GrandHall(Send)
 Size 640m2
 Damping 30
 PreDelay 10ms
 HiDamp 50
 LoCut 60Hz
 EarlyRef 1.4dB
 OutPut 1.2:0.8
 Level 0dB
 
□CPU使用率
 10~12%(推定値)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 私好みのリバーブだー。やっほい。
 ナチュラルに響いてくれます。
 ちょっとCPU使用率が高いのが気になるけど。
 某スレ>>126さんに感謝。
 
 2004/03/25:訂正
  すいませんCPU使用率間違えてました。
  どうやらコンプやEqかけたままグラフ見てたみたいです。
  非常に申し訳ないです。

↑Topへ戻る



Voxengo OldSkoolVerb




□解説
 名前に騙されてみました。
 何やら懐かしい郷愁を覚えるネーミング。

□パラメータ
 Concert Hall
 Attack 4
 Length 10
 Width 64%
 Damp 12189Hz
 DRY 0.0dB
 Lo 81%
 ColorMid 121%
 Hi 141%
 Wet L,R -10.0dB
 
□CPU使用率
 10%(推定)
 ※PCを買い換えて、パフォーマンスが大幅に
  変わったのですが、Athlon1.2Gだと多分これくらい。

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 おお?なんじゃこの残響音は。
 エコーが細かくカカカカッって響きます。
 っていうかショートディレイ?
 うーん。どうなんだろコレ。

↑Topへ戻る



Abyss




□解説
 Freeverbのソースからできてるみたいです
 カットオフとレゾナンスに加え、8つのコムフィルタを装備

□パラメータ
 画像の通り
 
□CPU使用率
 15%(推定値)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 使い方わっかんねー。
 これは上のファイルはあんまり意味無いです。
 自分で使ってみて、音の変化を確かめてみて下さい。
 オートメーションでフィルタぐりぐり動かしたら面白そうではある。

↑Topへ戻る



Black Water Reverb




□解説
 これも元となってるのはFreeverbのソースなんだそうな
 左上のスマイルマークが可愛らしい感じ

□パラメータ
 RoomSize 60%
 Damp 40%
 Wet 80%
 Dry 0%
 Width 100%
 
□CPU使用率
 6~7%(Athlon2500+)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 軽くモジュレーションがかかったように音が滲みます。
 そんで、足下に広がるような低音の多い残響。
 だからBlackWaterなのかな。
 でもこれ何かに似てる…と思ったら、あれか。
 良くあるBathRoomプリセットだ。

↑Topへ戻る



EVM V90




□解説
 EVMではVSTiも公開しています。結構良いのあります
 全部ラックマウントできそうなデザイン

□パラメータ
 Fine 0
 FeedBack 0
 PreDelay 0
 ReverbDepth 7
 
□CPU使用率
 4~5%(Athlon2500+)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 すっきりと響くリバーブ。
 左にFeedBackとFineっていうツマミがあるのですが、これが面白いです。
 再生中にFineをぐりぐり弄ると意味不明な音になる(笑)。
 FeedBackは上げすぎるとヤバイです。

↑Topへ戻る



DASAMPLE GlaceVerb




□解説
 ResidualVectorModulation(RVM)というアルゴリズムを使ったリバーブ
 RVMはこのリバーブのための独自アルゴリズムなんだとか

□パラメータ
 画像の通り
 
□CPU使用率
 6~8%(Athlon2500+)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 お。確かに他のリバーブには無い、ちょっと変わった響き。
 まさに「残響が閉鎖空間の中で反射してる」っていう感じの音です。
 良いなこれ。使えると思います。
 ResidualVectorのパラメータを変化させると、かなり音が変わります。
 全体的にメタルな質感。Fx的にも使えそう。

↑Topへ戻る



Wurr Audio Reverb




□解説
 GreenMachineAmpを作ってる所のリバーブ
 以前はGreenMachineAmpLiteとかもあった気が
 配布終了したのかな

□パラメータ
 PreSet (Send)Long Warm Hall
 Pr.Delay 3.0
 Size 7.0
 Width 7.5
 Damp 3.0
 CPU 100
 Wet 6.0
 Dry 0.0
 
□CPU使用率
 6~7%(Athlon2500+)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 リバーブっぽいリバーブです。
 あんまり主張しない感じ。
 どうなんだろ、やっぱギターにかけた方が良いのかな。
 Freeverbなんかもそうですが、プリセットがInsertとSendの両方
 用意されてて使いやすいです。

↑Topへ戻る



WhiteNoiseAudio Miasma




□解説
 WhiteNoiseAudioのルームリバーブ
 Miasmaとは毒気、瘴気を意味します。
 さて、その意図や如何に。

□パラメータ
 RoomSize 0.6
 PreDelay 0.1
 LowCut 0.7
 HighCut 0.0
 Stereo 1.0
 Rev.Level 0.8
 DryLevel 0.0
 
□CPU使用率
 10~12%(Athlon2500+)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 結構CPU使用率高いですこれ。
 残響が「わんわんわんっ」と響く。
 ルームリバーブってこんなもんなんだろか。
 そういやRoomMachine844もこんな感じでした。
 

↑Topへ戻る



Buz RoomReverb




□解説
 BuzCompの方が有名かも知れない
 開発者は日本人です

□パラメータ
 Type A
 Density 3
 PreDelay 10ms
 Time 70%
 Width 100%
 HiDamp 50%
 Tone 75%
 Wet 80%
 Dry 0%
 
□CPU使用率
 2~4%(Athlon2500+)

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 RoomReverbというと、初期反射の後に残響がすぐ減衰する
 イメージなんですが、ひと味違いますねこれ。
 減衰の仕方がFreeverbっぽいかも。
 とてもクリアーな感じのリバーブ。CPU使用率かなり低いし。
 Buzシリーズはコンプが非常にお薦めなんだけどこれも結構良いです。

↑Topへ戻る



Lexicon Pantheon LE




□解説
 SONAR3の目玉、レキシコン謹製リバーブプラグイン
 ソフトウェアで「レキシコンの音」は再現できるのか?
 StudioEditionなんで、LE版ですが気にしないように

□パラメータ
 ReverbType Hall
 Pre-delay 12ms
 RT60 2.082s
 Damping 2.04KHz
 Mix 80%
 Level -6dB
 
□CPU使用率
 7%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 しかし悲しいかな、私は所謂レキシコンの音を知らないのです。
 今回試したプラグインの中では、比較的濃い音だと思います。
 個人的にはもっとあっさりとした音を予想していたのですが。
 でもこれはかなり使える音です。SONAR3買って良かった。
 意外とCPU使用率が低めなのもポイント高し。
 ガンガン使っていこうと思います

↑Topへ戻る



Cakewalk Reverb




□解説
 歴代Cakewalkに付属していたリバーブ
 私はいつもFX Studioverbの方を使うので
 存在価値がイマイチ見いだせない

□パラメータ
 Dry mix 1.00
 Wet mix 0.80
 Decay 2.0
 Dense Echo
 LP Filter 10000.00 Active
 HP Filter 16.00 Not Active
 
□CPU使用率
 7~8%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 いかにも「リバーブですよ!」といった音具合。
 ちょっと下品かも。全くの独断と偏見ですが。
 これでCPU使用率がFXReverbより低ければ使ったかもね。

↑Topへ戻る



Cakewalk FX Studioverb




□解説
 Power Technologies DSP-FXシリーズのFx Studioverb
 音もそこそこ良くて、負荷が低いので使いやすいです

□パラメータ
 Piano – Warm Concert Hall
 ROOM SIZE 68
 DECAY TIME 2.12
 High f Rolloff 7.43
 High decay 5.87
 density 1.0
 pre delay 10.0
 motion rate 1.0
 motiondepth 10.0
 level 1.0
 mix 80
 
□CPU使用率
 5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 悪くない。悪くないんだけど。
 もう一歩、ってかんじのリバーブ。
 結構軽いので多用しても大丈夫な所は素敵。

↑Topへ戻る



CubaseSX3 RoomWorks




□解説
 CubaseSX3.0.1から追加されたハイクオリティなルーム・リバーブ
 4ch(L/R/Ls/Rs)のサラウンド・リバーブとしても使用可能

□パラメータ
 Efficiency 100%
 TIME 2000ms
 pre delay 10ms
 mix 80
 
□CPU使用率
 PEN4 3.2GHz で 20~30%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「深みのある高級な響きですね!」
 
 バージョンが0.0.1上がっただけでこんなの付けてくれるんだもんなぁ。
 CubaseSXは良いなぁ。なんて事を言っても仕方ないのですが。
 その名の通りルームリバーブなので、TIME 2000msとか、
 ホールっぽい鳴らし方をするのはフェアじゃないかも。
 CPU使用率が凄い事になってますが、Efficiencyを弄る事で
 不可を低めることができます。ただしやはりクオリティーは下がります。
 Efficiency 0%で聞いてみた所、残響がちょっと手抜きになる感じでした。
 
 2005/03/03:訂正
  すいませんパラメータ間違ってたみたいです。
  どうやら、インサート設定のままセンドで鳴らしてた様子。
  ファイルを差し替えました。激変。めちゃ良くなりました。

↑Topへ戻る



CubaseSX ReverbA




□解説
 ハイクオリティーなリバーブ
 旧名称CubaseVerb32だったりします

□パラメータ
 REVERBTIME 2.00s
 PREDELAY 10.0ms
 Dry20/Wet100
 
□CPU使用率
 CPU PEN4 3.2GHz で 2~3%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「無難な響きですね!」
 
 おお?なんか良いなこれ。
 これだけ鳴るのにあんまりCPU食わないみたいだし。
 すっきりとしていてかつ味のあるリバーブ。
 SONARでも使ってみたいなぁ。
 あれ。旧名称CubaseVerb32ってことはVST5に付属のハズなのに
 1820mに付いてきたCubaseVST5.1には付いてない!!
 がーん。ショック・・・
 

↑Topへ戻る



CubaseSX ReverbB




□解説
 CubaseVSTの時代からあったリバーブ
 名前変えただけなのになんかかっこいい

□パラメータ
 ReverbTime 2.00s
 PreDelay 10.0ms
 mix 80
 
□CPU使用率
 CPU PEN4 3.2GHz で 2~3%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「無難な響きですね!」

 確かに無難な響きかも・・・
 ReverbAに比べると大味な感じ。
 ちょっとCakewalkReverbを連想したり。別物だけど。
 そうそう。ReverbA(Reverb32)はもともとNuendVerbなんだそうな。
 敵わなくても仕方ないかー。

↑Topへ戻る



YAMAHA SOL2 Reverb




□解説
 SOL2に付属のリバーブ
 やっぱSPXみたいな音がするのでしょうか

□パラメータ
 ReverbTime 2.00s
 InitialDelay 10.0ms
 mix 80
 
□CPU使用率
 CPU PEN4 3.2GHz で 5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「結構いいですよ!上品な感じです。
  いい意味で柔らかく、悪い意味で若干こもってる感じですかね~?」

 あ、ほんとだ。結構良いねこれ。
 SPXとはまた違った感じで面白い。
 そういや、DM2000、O2R96で動くアドオンエフェクト
 発売されてますが、そのうちのリバーブパッケージって
 SPX2000と同等のアルゴリズムなんだよね。
 ってことは、SPX2000はソフト化が可能って事でして。
 SPX2000VSTとか作ってくれないかしらYAMAHAさん。
 現状のCPUでは処理が辛いなら、Powercore版で良いから(笑)。

↑Topへ戻る



Sound it ! Reverb




□解説
 Sound it !3.0に付いてくるリバーブ
 私のソフト”Google it !“に似てるから掲載(嘘)

□パラメータ
 ReverbTime 2.00s
 PreDelay 10.0ms
 mix 80
 
□CPU使用率
 CPU PEN4 3.2GHz で 5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「SOL2に比べて高音に張りがあるように感じます。」

 今度こそCakewalkReverbに似てる。
 こっちの方がキラキラ感溢れる感じで。
 いかにもリバーブなリバーブです。
 こういう音も嫌いでは無いんだけど、
 私は使うときにちょっと躊躇するような、そんな感じ。

↑Topへ戻る



ProToolsLE D-Verb




□解説
 ProToolsLE付属のリバーブ
 ホストはProtoolsLE6.7cs4だそうです

□パラメータ
 ALGORITHM HALL
 DECAY 2000ms
 Pre-Delay 10ms
 Mix 80%
 
□CPU使用率
 PEN4 3.2GHz で 4~5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「無難な響きですね!」
 
 む。意外と普通だな・・・。
 ProToolsって聞いただけで期待しちゃうのに(笑)。
 そういや、Digidesignと言えば、ReverbOneの音も聞いてみたい。
 ちょっぴり気になって調べてみたら、
 TDMのみで10万円超えてました。やっぱ高いなぁ。

↑Topへ戻る



Waves IR1




□解説
 満を持してWAVESが送り出すサンプリングリバーブ
 IRデータそのものをエディットするという革新的な方法で
 自由自在に音像を操作可能

□パラメータ
 Hall-1(FullReset)
 RT60 2.0s
 DRY/WET 80.1
 PreDelay 10.0
 
□CPU使用率
 PEN4 3.2GHz で 4~5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「IR-1はさすがに高いだけ有ります。
  広がりがあって豊かな響きの中に繊細さがあります。
  クラシックに合いそうですね!」
 
 きめ細かく、滑らかな音だと思います。
 しかしIR1は、音色をエディットしてこそ真価が現れると感じました。
 サンプリングリバーブの苦手とされていたパラメータ変更を、
 いとも簡単に操作することができます。さすがWAVESというか何というか。
 欲しいけど高いんだよなーこれ。IR-Lという簡易版も出ていて、
 それは$400です。これならなんとか・・・

↑Topへ戻る



Waves TrueVerb




□解説
 有名なWAVESのリバーブ
 位置づけはルームシミュレータです

□パラメータ
 RomSize 50
 Balance 6.0
 DecayTime 2.0
 
□CPU使用率
 PEN4 3.2GHz で 4~5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 akemi 様 の評
 「D-Verbよりは豊かな響きですね!」

 もともとルームシミュレータなので、
 ちょっと用途からは外れた鳴らし方かも。
 RoomWorksと比べると面白いかもしれない。
 こういうのはボーカルにかけたりしたいんだけど、
 ソース用意するのが大変なもので。

↑Topへ戻る



Waves RVerb(RenaissanceReverberator)




□解説
 TrueVerbと共にWAVESの双璧をなす(?)リバーブ
 なんと言っても名前がカッコイイ

□パラメータ
 Predelay 10
 Time 2.0
 WET/DRY 80
 
□CPU使用率
 PEN4 3.2GHz で 4~5%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 ちょっと薄味かな。設定次第でどうにかなりそうな気はしますが。
 SIRのアレはTrueVerbの方かも。こっちだと思ってたのに。
 キャラクターはt.c.PowercoreClassicVerbに似てる気がしました。
 きっと目指すヴィンテージの音が一緒なのかしら。
 

↑Topへ戻る



ZOOM RFX-2000




□解説
 Zoomの低価格マルチエフェクター
 Zoom505Guitarにはお世話になりました

□パラメータ
 プリセット01 OrchestraHall
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 思ったより悪くない。
 PreDelay弄れなかったりするけど。
 実はこれ、フィルター目的で購入。
 505Guitarの時からZoomのステップエフェクトが好きなのです。
 PCからパラメータを弄れるエディタがあるのですが、
 Win2000で動かなくてがっかり。どうにかならんのかなぁ。
 

↑Topへ戻る



YAMAHA SPX990




□解説
 超定番ヤマハマルチエフェクタ
 スタジオには必ずと言っていいほど置いてありますね
 現行機種はSPX2000なので、その一個前のやつです

□パラメータ
 Stereo Hall
 Balance 80
 Density 4
 LPF 11k
 CrsDly 0.1
 Er/Rev 50
 RevTime2.0
 HiRatio 0.6
 IniDly 10.0
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 やべ、なんかMOTIFに似てるかも(笑)。
 まあ当たり前っちゃー当たり前なんですが。
 PCから出してミキサー通してまたPCに戻すのが難儀だったので、
 MOTIFでノンエフェクトで鳴らして、ミキサ→PC録音です。
 しかし特筆すべきは、このエフェクターの使いやすさ。
 迷うことなんて無いもんね。

↑Topへ戻る



MOTIF Reverb




□解説
 エフェクトかける前のWavファイルを
 スマートメディアに入れてMOTIFに読み込んで
 ソングモードでトラックに割り当ててエフェクトかけました

□パラメータ
 Hall 1
 Send 64 Return 64
 Rev Time 2.0
 InitDly 12.7ms
 RevDly 41.0ms
 HPF 280Hz
 LPF 2.8kHz
 Diffuse 10
 Density 4
 ER/Rev E<R 9
 FB Level 0
 FB Hidmp 0.9
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 あー、なんか、このリバーブ好きになれない。
 私の設定が不味い部分もあると思うのだけれど、
 なんか密度が薄い気がするのです。
 MOTIF-RACKからは新しいリバーブが搭載されたみたいなんですが、
 そっちの方はどうなんでしょ。ちょっと気になる。

↑Topへ戻る



Audigy Reverb




□解説
 SoundBlasterAudigyのリバーブ
 買って最初は遊ぶけど後々は邪魔になってくる

□パラメータ
 Concert Hall
 Decay 2.04s
 RevDelay 10ms
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 ちょっと広がりに欠けるかな。
 設定次第でどうにかなりそうな気もしますが。
 結構好きだったりして。このリバーブ。

↑Topへ戻る



Audigy KX Driver -APS Everb-




□解説
 AudigyにKX Driverを入れてみたら、
 新しいリバーブが付いてきたんで早速テスト
 こここのページが非常に役に立ちました

□パラメータ
 Gain 0
 Level 80%
 Decay Time 8ms
 Diffusion 100%
 Early Refl. 50%
 Late Delay 10ms
 High Freq 0
 Low Freq 0
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 何と言っても、このリバーブがDSPボード的に使えることが素敵。
 いや、使えるエフェクトはリバーブだけじゃないですけど。
 KX Driver最高ですね。そのうち1コーナー作って紹介します。
 あ、このリバーブ、High Freq +3、Low Freq -4くらいにすると
 Audigy標準のリバーブみたいになります。

↑Topへ戻る



E-MU PatchMixDSP




□解説
 1820M付属のPatchMixDSPによるリバーブ
 ボード上のチップによるエフェクトです
 Audigyとコアは一緒らしいです

□パラメータ
 *プリセット「Large Hall」
 Decay Time 9.59s
 Early Refl. Level 30.18%
 Late Reverb Level 72.72%
 Late Reberb Delay 38.73msec
 Diffusion 100%
 High Freq Damp -2.15
 Low Freq Damp -0.28
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 ・・・KxDriverのリバーブとそっくりだーっ。
 まあ、DSPのコアは一緒だし、あっちはAPSリバーブだし、
 当然といえば当然なんですが。
 どうせなら、E-MU DSPで使えるエフェクトを他社にも
 作らせたら良いのに。でもやんないだろうなぁ。
 仮ミックス時にかけて、本ミックスで他と差し替えてます。

↑Topへ戻る



t.c.electric Powercore MegaReverb




□解説
 Powercore専用のプラグインエフェクトです
 専用のDSPで計算をさせる為、CPUに不可はかかりません
 TC M5000を元にしたリバーブアルゴリズムをなんだそうな

□パラメータ
 *プリセット「Default」
 Decay/Freq
    3.51s
   L: 226.1 Hz
    3.19s
   H: 1.92K Hz
    2.70s
 PreDelays
   L:28ms -4.0dB
   R:71ms -11.2dB
 Mix 80%
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 ・・・わー
 明らかに普通のプラグインリバーブとは響きが違います。
 透き通る残響成分と消え際の美しさに感動。
 さながらシルクの様な滑らかな響き。うっとり。
 こんなリバーブが欲しかったのですよ。
 Powercore買って良かったー!

↑Topへ戻る



t.c.electric Powercore ClassicVerb




□解説
 Powercore専用のプラグインエフェクトです
 専用のDSPで計算をさせる為、CPUに不可はかかりません
 MegaReverbとはまた違った色のリバーブ
 過去の名機をモデリングしたんだそうな

□パラメータ
 *プリセット「Large Hall」
 Decay Length 050
 DRY/WET 80
 High Cut 2k1 Hz
 Gain -12 dB
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 MegaReverbがリアルな音響を作り出すのに対し、
 こちらはより音楽的な響きを生み出します。
 とてもリッチでウォームな残響ですねー。
 MegaReverbも良いけどこっちも相当良いなぁ
 文句の付けようが無い。

↑Topへ戻る



t.c.electric Powercore VSS3




□解説
 Powercore専用のプラグインエフェクトです
 t.c.のフラグシップ・モデルSystem6000から移植されたリバーブ
 これまでM3000やReverb4000などのハードウェアにしか
 搭載されなかったリバーブがPowercoreに登場です

□パラメータ
 Preset : Stage and Hall
 Decay 2.3s
 Rev.Delay 10ms
 Rev.Level 0.0dB
 DryLeve Off
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 MegaRevebやClassicVerb程の派手さは無いものの、
 ナチュラルに響く密度の濃い音です。
 使ってみると判りますが、とにかく弄れるパラメータが多い。
 様々な音作りが可能です。
 プリセットに「Film」という項目があり、
 その中に「Car」っていうのがあるのが面白いです。
 「Beetle Interior」とかあります。
 音楽制作だけではなく、音場の作成にも使うみたいですね。
 

↑Topへ戻る



t.c.electric Powercore NonLin2




□解説
 Powercore専用のプラグインエフェクトです
 t.c.のフラグシップ・モデルSystem6000から移植された二つめのリバーブ
 VSS3がその音場をシミュレートするのに対し、
 NonLin2は完全なエフェクトとしてのリバーブです

□パラメータ
 Preset : NonLin Bright
 PreDelay 20ms
 Attack 10ms
 Hold 30ms
 Release 470ms
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 何故またリバーブが?と思いつつ、これまでのリバーブとは
 ひと味違うそうなので早速デモ版でチェック。
 使ってみて思ったのは、これはリバーブというより、
 別のエフェクトとして見た方が良いかもって事。
 いまいち正体不明なTwistパラメータですが、
 プリセットを切り替えるたびに音のキャラクターが変化する感じ。
 プリセットで気に入ったのはLightStarburst
 でも肝心のEnvelopeパラメータに結構制限があるのが残念。
 Attackを伸ばすと、Releaseが短くなっちゃうのです。

 リバーブだと思っていたのでセンドで使っていたのですが、
 ふと思い立ってインサートにしてみた。すると。
 わはは。おもしれー。ガンガン音変わるし。
 実用性はともかく、面白い音は作れるなこれ。

↑Topへ戻る



t.c.electric Powercore DVR2




□解説
 t.c.のフラグシップ・モデルSystem6000から移植された三つめのリバーブ
 ヴィンテージ・リバーブのEMT250を再現したリバーブです
 EMT250は1976年に発売されたデジタルリバーブだそうな

□パラメータ
 Preset : EMT 250 Med Hall
 PreDelay 20ms
 Decay 2.5s
 Lo Decay x 1.0
 Hi Decay x 0.6
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 おいおいまたリバーブかよ、とと思いつつも、そこはやっぱり
 t.c. の製品。センドに挿した瞬間から違いがわかります。
 大体のリバーブは、立ち上げて、音を出して、
 「ふーん、こんなもんか」って感じなんだけど
 これは鳴らした瞬間「おっ?」って思う。
 なんだろ、やっぱいい音なんだよね。しかも他に類の無い音。
 
 EMT250ってEMT140と同じくプレートリバーブだと思ってたら違うんですね。
 探すとここに写真がありました。あ、これ雑誌で見たことあるや。

↑Topへ戻る



KR-Micro Reverb




□解説
 KResearch の KR-Spaceからリバーブだけを取り出したもの
 KRシリーズは他にDelay、Flanger、Chorus、Phaserがあります

□パラメータ
 Early Size 40%
 Late Size 50%
 Diffution 70%
 Decay 60%
 Early/Late 50%
 Wet/Dry 80%
 
□CPU使用率
 10%(Athlon64 X2 4600+)
 ※当初に比べるとCPUが変わりすぎて他との比較ができないかも。

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 プリセットが無いと使う気が半減するぐうたらな私ですが、
 このリバーブはそれを加味しても使ってみたくなる。
 悪くない、、、てか良いんじゃねこれ。
 
 何か、シンプルだけどしっかりとした残響。
 決して超美麗な音ってわけじゃないんだけど。
 ふと思いたって、センドにEQを入れてHiをブーストすると
 もう少し良くなりました。うーん。これはこれでアリかも。
 
 でもやっぱ、欲しいよね。プリセット。

↑Topへ戻る



YAMAHA SPX90




□解説
 ヴィンテージの域に入るYAMAHAの定番マルチエフェクタ
 味があって良いという声は聞いていて、安かったので購入しました
 1985年の発売です

□パラメータ
 Preset : REV 1 HALL
 BALANCE 80%
 REV TIME 2.5s
 HIGH = 0.6
 DELAY = 10ms
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 Inがモノラルでoutがステレオなんですねこれ。
 なので、ステレオ素材をばらして片方ずつかけ、
 ミキサーでLRに振ってくっつけてみました。
 
 音に関して言えば、なんとも温かみのある音。
 SPX990を荒くしたような音なのかなと予想してたけど、
 聞いてみると全然違う。なるほどこれはいいかも。
 
 二台買ってステレオにしようかと思ったけど
 そういやラックが開いてないんだった。残念。

↑Topへ戻る



KarmaFX Reverb




□解説
 KarmaFX というプラグインパックに含まれているリバーブです
 10 の異なるリバーブアルゴリズムを搭載
 KarmaFX は他に Filter、Deelay、Equalizer があります

□パラメータ
 Preset : Send-Warm Hall
 DECAY 2000ms
 PREDELAY 20ms
 EARLY 80
 DIFFUSION 100
 
□CPU使用率
 10%(Athlon64 X2 4600+)
 ※当初に比べるとCPUが変わりすぎて他との比較ができないかも。

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 これはアコースティックなものに使うリバーブじゃないですね。
 公式ページにサウンドデモがあるのですが、そっちの方がわかりやすいです。
 シンセ音との相性が非常に良く、そういう意味ではテクノ/トランス向けかも。
 トランスを作る時に普通のリバーブを使うと、綺麗過ぎて逆に味気なくなったり
 するので、これを使うとばっちりハマる気がします。

↑Topへ戻る



Wizoo Wizooverb W5




□解説
 5.1ch 対応マルチサラウンドリバーブです
 コンボリューションリバーブと、アルゴリズムのリバーブを組み合わせる事ができます
 開発元の Wizoo社がDididesign社に買収され、Wizoo社の製品は生産終了な様子

□パラメータ
 Preset : Piano In Concert
 Input 30%
 PreDelay 20ms
 Size 100%
 MainTime 2.0s
 High Time 20%
 High Freq 3000Hz
 
□CPU使用率
 20%(Athlon64 X2 4600+)
 ※当初に比べるとCPUが変わりすぎて他との比較ができないかも。

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 マルチch用のリバーブなのですが、そもそもSONAR SE がマルチch非対応の為
 Output の StereoDownmix という設定をオンにしています。
 このプラグイン、所謂コンボリューションとアルゴリズムリバーブがプリセットに
 混在しているのですが、折角なのでHDIR(High Definition Impulse Response)を
 選択して鳴らしてみました。
 
 音に関しては意外と(?)普通。ただ、若干低音がブーストされる感じが。
 Output設定項目に Bass Management というのがあり、これをオンにすると
 ハイパスフィルタが入って低音が大人しくなります。今回はオフのまま。
 
 A.I.R.アルゴリズムと呼ばれる、IRを使わないリバーブについては、
 まんまソフトウェアリバーブ!という様な音がして、これはこれで面白いです。
 自分でIRを読み込む事もできるので、色々と音作りができそう。

↑Topへ戻る



SONY DPS-V77




□解説
 ソニーの名機、DPS-V77マルチエフェクトプロセッサです
 リバーブの評判が良いので前から気になっていて、
 ついに入手したので早速試してみました

□パラメータ
 Preset : 77 Large Hall
 Fx-A On
 DPTH1 77
 E.BAL EFF
 Fx-B On
 RevTM 2.2
 E.BAL EFF
 
□CPU使用率
 0%

□ファイル
 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 
 Download↓

□寸評
 うわ素敵。
 t.c.electronic 程のきらびやかさは無く、Lexicon 程の濃さも無いけれど
 自然に広がる残響は原音を邪魔せず、透明に響きます。
 これはこれで独自のキャラクターだなぁ。ありそうで他に無い自然な音です。
 アウトボードとしてはド定番のYAMAHA SPX990のリバーブがいまいち
 好きになれなかったのですが、これはいい感じ。
 
 あとこれ、マニュアル無しでもすぐ使える程操作がわかりやすいです。
 リバーブ専用機では無く、マルチエフェクタなので、これ一台で色々遊べそう。

↑Topへ戻る