TC Electronic Level Pilot


TC Electronic の Level Pilot を買いました。
TC Electronic のアナログボリュームコントローラです。

前の環境ではパッシブスピーカーとプリメインアンプという組み合わせだったので、
アンプ側で一括してボリュームコントロールができたのですが、YAMAHA MSP5 STUDIO に
してからいまいちボリュームコントロールがめんどくさい。

MSP5 はスピーカー前面にボリュームコントローラが付いていて、スピーカー裏面に
ボリュームが付いている M-AUDIO とかよりは楽なのですが当然ながら左右同時に
調整しないといけないのがめんどくさい。
音量調整に両手が必要って、、、いや片手でもまあできるけどさ、、

というか、つまみが前面に付いてる事も MSP5 を選択した理由の一つだったりするのですが、
人は思ったよりも怠惰だったようです。前面つまみは細かいボリュームコントロールには向きません。
結局毎回マウスで E-mu PatchMix DSP の MAIN MIX フェーダを上げ下げしてるという。。
これだと前面でも背面でもかわんねー。

なので、ちょっと前から TC Electronic の Level Pilot は気になっていて、
Mackie の Big Knob なんかも検討したのですが、別にスイッチングがしたいわけじゃないので
シンプルな Level Pilot が丁度良い。

んで、マウスでボリュームをぽちぽちする生活に耐えられなくなってしまい、買ってしまいました。
早速セッティング。げ、E-MU 1820m から Level Pilot に繋ぐとスピーカーが片方届かないw
延長用にもう一本 XLRケーブルが必要でした。

完全アナログなので、もうほんと AudioI/F とスピーカーの間に繋ぐだけ。
ノブは大きく回しやすく、回すときの力は軽め。いい感じ。
デザインもシンプルでかっこいい。単なるボリュームコントローラのくせに。

音質の変化は自分の環境では知覚できず。まあそんなに大きな音出さないから実質影響無しです。
これでボリュームコントロールが格段に楽になりました。
正直、結局これ買うんなら前面ボリュームの MSP5 にこだわる必要無かったなーなんて思ったりして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。